セイヨウナツユキソウはバラ科に属する植物で、別名メドウスイートと呼ばれています。
今回は、セイヨウナツユキソウの毛穴や皮膚に対する作用について説明します。

セイヨウナツユキソウには「タンニン」という成分が含まれています。
そのため、以下の作用が見られます。

抗菌作用

抗菌作用によって、毛穴にたまる菌の増殖を防止することができます。

抗酸化作用

抗酸化作用によって、皮膚の老化(エイジング)を防ぐアンチエイジング効果が得られます。

そのほか抗がん作用や腸を整える作用もあります。

また、セイヨウナツキソウには利尿作用が見られます。これによって体内での水分循環が活発となって、
結果的に血流がよくなります。こうすることで毛穴などを含めた古い皮膚と新しい皮膚の交換が促進されます。
そのほかに前に述べた抗酸化作用により皮膚の酸化を防ぐことが可能で、毛穴の開きはこの酸化的ストレスによって生じるので、
これらを防ぐことが可能です。

しかし、セイヨウナツユキソウにはサリチル酸系の成分が含まれています。
そのため、サリチル酸やアスピリンにアレルギーを持つ人は使用を控えましょう。
また妊婦や子供にも使用する際には注意が必要ですので使用を控えるのがお勧めです。