毛穴が詰まる原因は1つではなく、化粧や日々の食事による油物の摂りすぎなどがあります。古い角質は毎日洗顔することや、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーで落ちていくのですが、やはり20代は10代の時よりもターンオーバーのペースが落ちてしまっています。また、角栓や黒ずみが気になる場合に無理に絞り出してしまう事でお肌を傷つけたりしてしまうと、余計に毛穴に汚れが溜まりやすくなり角栓が出来やすくなってしまいます。

角栓や毛穴の黒ずみを改善するためには、古い角質を落とすことはもちろんの事、日々の生活も見直すことが大切です。そのためには洗顔前にクレンジングで化粧をしっかり落とすことをしましょう。また、クレンジングにはメイク落としという役割だけでなく古い角質もあるので、化粧をしていない時でもクレンジングは全く無意味ではないので化粧をしていない時に使うのもいいでしょう。

ただし、長くやりすぎたり、こすりすぎたりしてしまうと逆効果になってしまいます。お肌の油はありすぎても黒ずみや角栓の原因になりますが、お肌の保湿
の為には少しは必要なのです。お肌の油を必要な分まで取り除いてしまうと、ニキビが出来やすくなったり、もっと黒ずみが溜まってしまうことになります。

また、使用するクレンジングはオイルフリーのタイプが良いでしょう。20代のお肌はTゾーンを中心としてオイリーであったり、黒ずみが溜まる傾向があります。ジェルタイプやクリームタイプのクレンジングは洗浄力があるのと同時にお肌に必要な保湿力もあるので20代のかたにおすすめと言えます。

洗顔をする際には、スクラブタイプの物は避けた方が良いでしょう。スクラブはお肌を逆に傷つけてしまうことがあります。

洗顔に使うのは、泡が立つものや立たないものなど、様々なものがありますが、どのようなものを使う場合でもお肌をごしごしこすらないように洗う事を心がけましょう。

その後に、しっかりとケアをすることが大切でしょう。毛穴ケア専用の物を使うなどをすればもっと毛穴が良くなると思います。