20代の頃と比べても明らかに肌の代謝が悪くなってきた30代になると、毛穴の黒ずみも気になり始めます。

黒ずみというのは、毛穴に汚れが詰まっている状態です。こまめに洗顔をしていても皮脂の多い小鼻などはどうしても目立つようになってきます。

30代になると肌の曲がり角を感じる人も多く、肌内部のハリやツヤを作り出す美容成分も少しずつ減少しはじめます。

黒ずみを取り除くためには、汚れを吸着する力はあるけれど肌に潤いを残すような洗顔方法が大切です。洗顔前には濡らしたタオルをレンジでチンしてホットパックをすると毛穴が開くので、汚れも落ちやすくなります。きめ細かい泡立ちの洗顔料で黒ずみが気になる部分をパックするように洗います。泡パックは1分程度で洗い流します。長時間乗せてみたり、ごしごし擦ると必要な潤いまで落としてしまいますのでやめましょう。

洗顔後はしっかりとセラミドなどが配合された化粧品で保湿ケアをします。冷たいタオルでクールダウンさせると、黒ずみが落ちたあとの毛穴も引き締まりまた肌に汚れが詰まることも予防できます。乾燥していると皮脂の分泌が多いですので、クリームは塗り過ぎないように乾燥が気になる部分だけにしておきます。たっぷり保湿して肌が水分で満たされるようになれば、30代になって乱れがちなターンオーバーも改善していきます。

どんなものを選べばいいか正直よくわからない!という場合は、毛穴のケア専用のものを使うのも1つの手かもしれません。

私が実際に使った中で結構いいな~と思って続けている2つを紹介します。最初はとてもお得にお試しできるので参考にしてみてください。